FC2ブログ

東京港ぐるり 台場・レインボーブリッジマラニック



10月12日、
レインボーブリッジは、何度も走ってきたけれど、コースとしては初めての、しかも、今、話題の、築地市場、豊洲、オリンピック選手村建設地を回るコースとあって「これは是非参加したい」とポチ!


お天気が心配でしたが、参加してきました。

深川スポーツセンターには参加者7名(少なっ!(・・;))。

しかし、ビジター初参加の方も、陸部短距離出身で、皆、それなりに走力も問題無く、気温も低めで快適。楽しい楽しいマラニックとなりました。

いつもレインボーブリッジを走る時には往復になり、お台場側での出入りだったが、今回は、芝浦側で下りてのワンウェイ。

そして、話題の築地市場は、既に解体が始まり、






昭和10年に始まった83年の歴史が幕を下ろす寂しさは否めないものの、いわゆる世代交代なのかなと、これまでの築地への感謝と共に、新たな場所への期待も膨らむ。

走っている途中、ラン仲間とは「そもそも、なんで移転になったの?」と疑問の声。

私も不勉強で「古くなったからでしょ」位しかわかっていなかったが、ちょっと調べてみた。

・築地市場内の老朽化
・場内の敷地面積の狭さ
・建物内が密閉されていないため十分な品質管理が保てない(屋外に品物が置かれることがある)

などがあるようだ。

また、築地内で建て替えをするには、コストが嵩む。
隣には、日本一土地の高い銀座という繁華街があることを考えると、とてもじゃないけれど、面積を広げるなんて、言語道断。
移転構想は今から、30年前というから、本当に、歴史的な大きな移転。それをこのタイミングで、ランニングをしながら見ることが出来るのは、ある意味、ものすごく価値のあることだと感じる。
(ドラえもんのどこでもドアで新旧歴史を見渡すみたいな。。。)


さて、築地場外は平日にもかかわらず、(特に)外国人観光客で賑わっている。

人数が少ない分、昼休憩は築地場外で50分もあったため、いつもなら、立ち食いであちこちのお店をササッと食べ歩くところ、参加の女性陣は、一軒の海鮮丼のお店に入ることにした。
(余談だが、私は築地場外のお店の食事、特に海鮮系はあまり美味しいとは思っていなくて。。ま、ここはお付き合い。。。どんどん、観光地化されて、意味も無く高いだけ?)



一人1600円ほどの海鮮丼を食べ、休憩を終える。


休憩後、立ち寄った「晴海埠頭客船ターミナル」。



晴海埠頭は、幼い頃から馴染みの有る名称だったけれど、、、実は訪れたのは初めて。

客船が来ていない時のターミナルは、閑散としていて寂しいが、、、ここで、楽しい絵を見つける。





近代的な客船を迎える江戸?の人たちは、大きな手のおもちゃでパフォーマンス、遠くにはレインボーブリッジ??

また、下の絵には、東京タワーや、このターミナルビルも描かれている。

「ウィット有り」のとてもおしゃれな絵でした!

外に出てみると、東京海洋大学の訓練船が出航するところに出くわし。。

彼らは授業中なので、ダメ元で、手を降るも、やはり反応無し、、、笑。




築地から移転した豊洲市場近くを通る前に、オリンピック選手村建設地を訪れ、、、





今回のラストは。。。

ルート外。

監督お気に入りのレバーフライのお店に立ち寄り!






揚げ立ての薄~いサクサクのレバかつを頬張り終了。

少人数ならではの堪能マラニックでした!

あ~、楽しかったd=(^o^)=b


にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

20kmペース走



三連休中日。

最高気温32度。
前日の終日長距離運転、さらに大渋滞で帰宅は遅くなり、寝不足。若干の風邪気味で体力はだいぶ奪われたまま、、、
(;´д`)

言い訳の数々を述べて、、と。


20~30kmペース走練習会に出ました!


しかし、10月だというのに、この暑さはどういうことなのでしょう。

ただ、前週に引き続き、今週も日本列島を通り過ぎる台風が各地で開催されるはずのマラソン大会を中止にさせたのに引き換え、都内での開催は全く問題無しなことは、幸運と言わざるを得ません。


朝、会場となる代々木公園に行ってみると、
遠くから見慣れた人が二人。

(*゜Q゜*)

あれは、我が「赤い糸友」の「〇ねぇ〇にぃ夫妻」じゃないか!

お互い、アウェイでの久々の再会に思わず抱き合う(「〇ねぇ」と、ね。)


今回の練習会。
私の設定タイムは5:00/kmで20km。
あくまでも今月末の手賀沼ハーフを意識しての設定です。

集合場所に着くなり、コーチから「〇さん、速さは予定通りでいいですか?」と聞かれる。


体調や天候を考えると本当は、5:20で20kmにしたかったが、これは練習会なんだから、より自分に厳しくすべき、しかも、20kmしか走らないのだし。。。


「はい、5:00で20km、行きます!」
(((^^;)

あ~あ、言っちゃった(・・;)


ぺーサーがついて、集団でスタートです。

とにかく走るしかない。。。
1.16kmの周回コースでのペース走です。


2周に一度、クエン酸や水、氷などを走りながら受け取ることができる。
水分は、その集団で回し飲み。ボトルに口をつけず、ボトルを押して、出てきた水を口に含み、終わったら、他の人に回す。

(なんだか、本格的ダァ。)


1.16kmの周回コースって、「いつでも止められる誘惑」がいっぱいです。
木々の間を走るため、そこそこ日陰はあるものの、やはり3周もすれば、汗だくになります。

で、8周を過ぎた辺りで、、、

「今日はもう、ダメ」

体力の消耗が激しく、これ以上続けられない。
(´Д`)

1周だけ、休もう。

と、10kmを過ぎた9周で、コースアウト。グループから外れる。。。
水分を取り、同じ速度のグループが戻ってくるのを待つ。待つ間も、頭はクラクラするし、足も重い。

こんなんで、行けるの?

と自問自答しながらも。。。


また、グループに入る。。

でも、今度は、全く、その速度について行けなくて、どんどん引き離される。


そして「自分だけ、この速さで走れていない」劣等感に押し潰される。

再開した走りも、また1周でコースアウト。



でも同じように、他の速度でリタイアした人が、「とにかく、身体を動かし続けましょう」と誘ってくれ、コースをウォーキングすることにした。


いろいろな速さのグループに抜かれても、、、気にしない。。。「今日はウォーキング!。。。」

が、やはり諦めきれず、


「とにかく20kmは走りたい」という思いがヌクヌクと湧いてくる。


結局、20秒遅いペースのグループに入れていただき、(ここには、「我が赤い糸、〇ねぇ」が30km走破目指して走っていました!)残りを周回。これですらきつかったが、何とか20kmになるまで走り続けて、フィニッシュ。



本日、体力の限界。

どこかに寝っころがりたい位、疲れていたが、ジッと我慢し、ストレッチ等をする。。。


と、この大会にお誘いくださった〇シーも、戻ってくる。
彼は私より、はるかに速いのに、今回、同じ5:00のグループで(30kmですが)走っていた。
でも、彼もこの日の暑さが堪え、30kmは走っていないらしい。


「そうかぁ、今日は私だけじゃなくて、みんなきつかったんだ。」

と少し安堵し、

ペース走失敗ながら、これを前向きに、あと3週間のトレーニングに取り組もうと気持ちを切り替えることができた。


昨年、手賀沼ハーフは、大雨の中、開かれた大会でしたが、昨年のハーフのベスト。

今年、もう少し条件が良ければ、、、
1秒でも速く、、フィニッシュしたい。


にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

伴走、その後




9月最終日、
クラブイベントの多摩リバー55kmに参加する予定で、意気込んでいたものの、膝の調子が今ひとつ。55kmは、無理すれば走れるかもしれないが、たぶん後遺症が出るだろうと思い、やむなくキャンセルを申し出ました。

9月は、それまでに255km走っていたので、当然、久々の300km越えを予定していたのですが、10月からの本格シーズンを考えると、背に腹は代えられずで。。。

しかし、

結局、そのイベントは、台風の影響で、中止となってしまいました。
本当にすごい台風でしたね。


用事があり、昨日、娘の家に行く際、途中、大きな公園を通るのですが、そこの大木が倒れて、公園内の通路を塞いでいました。




ところで、表題の伴走。

ほぼ毎週、近所の方の伴走をしています。
伴走をするきっかけとなった人です。

彼、フルマラソンのベストは私と同じ位なのですが、男性のため、スピードを出すとなると、短い距離はむしろ、お相手の方に余裕があり。。。?(当たり前だけど、)

しかも、こちらは、路面の状況や方向等も伝えながらなので、さらに緊張です。

毎週やっていると、彼は全く普通のランナーで、私が若い男性に話し相手になってもらって走っているかのような状態で、私自身も楽しませてもらっています。

先日の伴走では、

最初は、ジョグで3km。
その後は少しスピードを上げ、5:30/km位か。
上り坂は、出来るだけダッシュ。下りはその勢いのまま行き、ラスト500mは、4:50/km。ダウンジョグで終了。
全体で約10km。

走りながら、彼は、大賛辞?を言葉にしてくれました。

「○○さん(私のこと)とは、とても走りやすいです。走り方が似ているのか、、、伴走、上手ですよ。」

(^_^;)思わず、

「わ~い、嬉しいなぁ。私は逆に、伴走している感じがしなくて、、私自身もいいトレーニングになっていますよ。」
!щ(゜▽゜щ)



そうなんです。

伴走って、相手に合わせるのではなく、きちんとした走り(まだまだだけど)をすれば、あとは呼吸で、自然な走りが出来る。

これは「伴走講習」として、別の視覚障碍者の方に、伴走をしながら教えていただいたことなのですが、確かに、伴走における二人三脚(腕)は、歩幅もさることながら、最後は「気持ちをひとつにする」ことで、(テレビでよく見る小学生の「50人51脚」みたいに)互いに気持ちよく、スムーズに走れることがわかります。


周囲を常に判断し、楽しい会話もし、時には励まし、お相手の気持ちも察する。


近頃、頭も「老化」してますからね。
これは、頭にも、とてもいいトレーニングです。


と、生意気にも、「伴走いろは」を語っちゃいましたが、、


ここに来て、

以前、一度だけ、伴走クラブで伴走をした超美人のお嬢さんから、伴走依頼のラインが入りました!


ヤッター(*´∀`)♪

ご指名が、かかったゾ!


にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

検見川ランニングフェスタ




降水確率40~50%の予報だったのに、、、
当日、曇り予報に変わり、さらに実際は、晴れ間もあり、蒸し暑いほどの天気の中、三連休最終日はクラブイベントの検見川ランニングフェスタが行われました。

毎年の恒例イベントですが、私は午後のリレーで選手として走るのは初めて。

なんせ、アップダウンが嫌いだし、術後の膝の負担を考えると、避けた方がよいのかな、、と、若干逃げていたのです。

が、もう膝の手術をして2年半。
さすがにもう、走れるでしょ。。。
と、自問自答の末、午前中は、監督の講習&ファルトレクのスタッフでしたが、午後は選手エントリーとなりました。



ファルトレク。
これは、同じ位の走力のグループを作り、先頭を走る人が一定時間、少し遅く走り、次の人は、それより速いペースで同じ時間を走る。次の人は、また遅く。。。

を繰り返します。


私はスタッフなので、ひとつのグループのタイムキーパーなどをしながらの40分。
検見川のクロカンコースは、いくつかの丘があり、急なアップダウンもあるため、なかなかの運動量です。

そして、私自身、試したかったのは、裸足ラン。
ただ、いくら芝のコースと言えども、何が落ちているかわからないので、本当は、地下足袋を履きたかったのですが、購入する時間も無かったので、家にあった昔の舞踊足袋を持参(^-^)v



雨のあとだったこともあり、終わった頃には、こんな感じ、笑。

でも、なかなか楽しかった!


さてさて、お昼休みを挟んで、後半は、走力が均等になるようにしてチームを作り、クロカンカードゲームです。

(一言では、なかなか説明出来ませんが)
6人ひとつのチームにたすきが2本与えられ、1本は3人、もう1本はソロで走ります。
つまり6人のうち、常に4人が走っているわけです。

スタート前にカードを引き、そこに貼られたシールと同じ色の輪ゴムを、三方向、三つの丘の上にいるスタッフのところでもらって戻るリレー方式。

カードには、
シールが1つ貼ってあるもの、2つのもの、3つもの、どの輪ゴムでもいいフリーのシールが貼ってあるものなどがあり、カードを引いた直後に、どの丘をどんな風に上がろうかを考えて走ります。

ジョーカーカードもあり、それはジョーカーのところまで行き、ただ輪ゴムをもらうだけで、カウントされなかったり。。。

そして、常に4人が走っているので、戻ってくるとまた連続して走らなければならない人も出てきます。

最終的には、とにかく70分の制限時間に、同じ色の輪ゴムを一番多く集めたチームの勝利。

うーん、やっぱり言葉じゃなかなか表現出来ない
(;´д`)




私もスタート直後3人たすきのグループで4周連続、あっちの丘、こっちの丘と、走り回りまして、すでに前半で、グダグダ。。。

しかし、私達のチームは、順調に黄色の輪ゴムが増えています。


ゲームも終盤。

あと残り7分半というところで、ソロのたすきが帰ってきました。

キャプテンきむにぃと私しか残っていないので、そのどちらかが走らなければならない。
制限時間内に戻らなければカウントされないので、7分半ではね、と、半ばあきらめモードでしたが、キャプテンの指示で私がソロのたすきをつなぐことに。。。

「どうせ、間に合わない、ジョグでいいか。」

と思いつつも引いたカードがシール2つ。それも、その中のひとつは、私達が集めている黄色です。


微妙です。あきらめきれない距離と時間。

「よし!」

と、まずは最初の青の丘を上り、輪ゴムゲット。
その後は、猛然と丘を下ります。

下ったところで3人たすきで走ってきた同じチームメイトに
「マダムがんばれー」
と応援をいただく。

そして、
残り3分半と時計で確認した後には、今度は、黄色の丘に向かって猛ダッシュ('ー')/~~


黄色輪ゴムゲットの後は、
「やれやれ、これなら問題なく制限時間内でのゴールだ」
と確信し、

無事40秒前にゴールとなりました。


リレー、久々に燃えましたぁ!щ(゜▽゜щ)

あ、勿論、優勝は、私達でしたよ!


にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

スピードトレーニング


9月11日羽田マラニックでの一枚



いいトレーニングになりますよ、
マダムなら、そこでも十分やっていける!


以前から、「とあるイベント」をラン友さんに薦められていたんです。

ただ、私は、ラン友さんの参加している練習会の土曜日は、たいてい伴走があるためNGだなぁ。
夜の練習会は、出来れば避けたいし。。。

ならば、、、と、別枠の水曜午前の練習会に、参加してみました!

前日は、クラブの羽田マラニック26kmにも参加して、、、


の、翌日午前中のスピード練習。
しかも、だいぶ速めの人々の中で、ついていけるのかな(;´д`)。


初めてお会いするコーチはとても気さくな方で、フルマラソンやハーフマラソンのタイムをお伝えしたところ、

400mのインターバルならば、4:30~40/kmで余裕でしょう



??な、はずはない(・・;)

私は、短い距離が速いわけではない(以前は短距離派だったのに、笑)し、前日のマラニックの足が、勿論まだ戻っていないのです。

ウォームアップ→ドリル練習の後、

とりあえず、4:40~50グループでインターバルをスタートさせました。

いつもとは異なるメンバーでのランは、緊張感も重なり、妙にテンションが上がります。


そんなわけで、まだまだ余裕?
もう少しスピード上げられるかな、とお調子に乗る。。


そして、5周終わったところで、それまでのグループにご挨拶の上で、もうひとつ上のグループに入れていただきました。


が、、、

6、7周目は、それよりさらにスピードを上げるパターンだった(>_<)。

結果、
いきなりグループのオーラスを走る羽目に
(´・c_・`)

全体で8周走り、インターバル終了。


同じグループの人と話しをしながら戻る。。。

その中に、私と同学年(早生まれ)の女性がいまして。


53歳からランニングを始め、ベストは3時間21分だそうです。
((((;゜Д゜)))


いやぁ、レベル高っ!


でも、いい刺激になりました。

私よりお若い(と言っても50代ではあるが)女性には、60代パワーが刺激になったようで「まだまだがんばりま~す!」と。


これからは、こういうイベントにも積極的に参加しないとな!と感じ、初参加イベントは終了しました。


今月は、ロング走中心なため、すでに181km(私にしては多い!)走っていますが、週に1、2回は、スピードも意識していこうと、自分に叱咤激励の1日でした!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村